実験スピリッツ

経済・市場・思想の陰謀論をまとめます(ネタ要素強め)

スポンサーリンク

ブロガーが金を稼ぐのはおかしいのか?

f:id:yeoman:20151104185501j:plain

ブログでお金を稼ぐ時代になって久しいですが、ブロガーに対するイメージは賛否両論あろうかと思います。

先日、拝金主義のブログ記事を叩くコメントを拝見しました。彼はブロガーという存在は社会の三大底辺だと仰られています。

ホームレス、ニート、ブロガーは社会の三大底辺、人間のクズだ。ネットは人類の共有財産、ゴミをばら撒くな。

彼のコメントは刺激的な提言でありますが、こういった意見を発表することは世の中をより良くするための正しい行為です。

というのも、民主主義は正解の無い社会を国民で議論し、お互いの考えを理解し合い、最適解を導き出そうとするものだから。だから賛否両論あることは民主主義国家にとって良い傾向なわけです。

話が逸れましたが、彼の主張の論点は2つあると思います。

ひとつは「ゴミのような情報(ブログ記事)をネットで拡散させ、ネットの有益性を損ねるような行為は許されない」ということ。

もう一点は、「ブロガーは何の生産活動もしていないのに、金を稼ぐなんておかしい」ということだと考えられます。

結論から申し上げますと、この主張に関して僕は半分当たっていて半分間違っていると思います。

ブログを読むときの注意点

大前提として注意するべき点があります。それはブログから流される情報は、事実に対してブロガーの評価が加えられて発表されているということです。そこには評価し、判断するブロガーの考え方や価値観が反映されています

つまりブログには学識のない未成熟な書き手の価値観が含まれている可能性があるということです。そういった意味で、人によってはゴミ情報が存在するというのは否定できない事実かもしれません。

しかし、それは4大メディアを視聴する場合でも同じこと。新聞やテレビを見ていると、どうしても発表されたことだけが客観的な真実のような気がします。

しかし、そのニュースは世界中に無数にある事件の中から、どのニュースをどのように発表するかは編集者の価値観に基づいて選択されているのです。

従って、4大メディアでもブログと同じように、主観的な意見は一切排除することはできないのです。

まあ、4大メディアは学歴を有する人間が入社する上に、秩序統制がなされている為最低限信頼できるとは思います。

4大メディアに対してブログの有利な点

上記で「秩序統制がなされている」と書きましたが、そこがメディアの弱点でもあります。4大メディアだからといって信頼し過ぎるのは間違っています。

言うまでもなく、人間にもメディアにも言論の自由が認められています。

しかし、先ほども書きましたが、新聞やテレビでは、どのニュースをどのように流すのかは編集者次第。でも編集者も会社員であり、彼らの意志決定にはもっと大きな力が働くであろうことを想像していなくてはなりません。メディアも営利企業ですから。

つまり、メディア関係者には縛りがあって、本当の真実を発表できなかったりすることがある訳ですよね。

そういったときに、本当の真実を知っている関係者や専門家が何のしがらみもないブログで有益な情報を発表するとき、ブログが4大メディアを超えると思うのです。誰もが知りたかった真実をブログでなら発表出来たりしますよね。

ブロガーが金を稼ぐことに対する疑問

世の中にはニッチ過ぎてメディアには取り上げにくい情報もあります。世間には知りたいと思うニーズがあっても、メディアには発表できる枠があって、何でもかんでも発表すれば良いってもんじゃない。

そこで、すごく細かい疑問があったとします。例えば地元民しか知らないラーメン屋は行ってみたいけど美味いのか?って疑問があったとする。

もしもグーグル先生で検索して、たった一つだけ食レポ記事が見つかったら、疑問を解消しようとその記事を見ますよね。

見る人によってはゴミ記事であっても、知りたい人にとっては非常に有益じゃないですか。これがゴミ情報と言えるのでしょうか。生産活動になっていないのでしょうか。

誰かを助けて便利になったんだから、ブロガーは十分仕事をしたと言えると思います。

これはもちろん、今非難されているPV数報告記事でも同じことだと言えます。

拝金主義ブロガーなら、報告記事でそのブログがどれだけ稼いでいるのか知りたくて見ている訳ですよね。その需要に応えて仕事をしているではありませんか。

もっと言えば、日本人はテレビが無料で見れることもあって、情報など無形資産に対して金を払うのを拒む習慣があるので気がつきませんが、情報は金で取引されるべきものなのです。

結局、ブロガーはそのPV数だけ誰かの要求を満たしている訳ですから、十分対価を受け取る権利があると思いますね。

まとめ

うだうだとつまらないことを申し上げてきましたが、そもそもブログで人に意見を発表するのって楽しいことだと思うのです。

また、収益報告記事でさえ、人の発表するものを見たり聴いたりすることで、私達はこれまで考えたことがなかった問題を考えるようになります。

楽しむついでに、民主主義国家の国民として活発な議論をしていけばいいのではないでしょうか。

以上、楽観主義者よりありがとうございました。